Menu

column

新築マンションへのEV充電器設置義務化

  • コラム

新築マンションへのEV充電器設置義務化

東京都で「新築マンション」への電気自動車充電器の設置が義務付けられる事となりました。

2022年12月に改正環境確保条例が可決され、2025年4月より施工されます。

 

内容としては「将来のZEV普及の社会を見据えた充電設備を促進するため、ZEV充電設備が一定台数設置できるよう、新築時に備えるべき基準を新設」となります。

具体的には「5台以上の駐車場には1基充電器を設置しましょう」、という事で、

10台の駐車場には2基、15台の駐車場には3基、と「区画の20%以上に整備」となります。上限は10基です。

 

出図:東京都環境局刊行「カーボンハーフの実現に向けた建築物環境計画書制度の強化・拡充について」より抜粋

 

 

また、同時に「新建物稼働後の使用者ニーズに応じた増設に円滑に対応できるよう、充電設備の設置とともに配管等を整備する基準とする」とあり、車室数に応じて「区画の50%以上の配管ルートをあらかじめ整備しておく」必要が出てきました。こちらの上限は25基となります。

 

東京都がこのような条例を施行した事で、今後他の地方自治体も同様に条例を制定する事が予測されます。

現在の「充電インフラ補助金で」は将来を見越しての配線ルート確保工事については補助金対象外と制定されています。東京都独自の補助金「東京都ZEV補助金」にてその部分が今後補填されるのか、今期の東京都の補助金の内容が注目されます。